昭和37年11月10日の開業から53年。「生涯を通じた予防歯科の推進」を目標に地域の皆様とともに歩んで参りました。

私たちのコンセプトは「生涯を通じた予防歯科の推進」

診療理念イメージ

川崎市は全国でも希有な子どもが増加している街です。当院の目標であります、「生涯を通じた予防歯科の推進」を具現化するにあたり、マタニティ歯科・小児歯科を充実させ、むし歯と歯周病のないお口の健康を増進し、健康寿命の延伸、健康格差の是正に取り組んでいく所存です。

地域医療に徹して53年

当院も昭和37年11月10日の開業以来、53年目に入りました。
身体の健康と共に心の健康にも関わる歯科医療を通じて、患者さんのお役に立てる様に常に心掛けてきました。
主訴に応じ、症状や状態、ご要望を伺い、治療方針・計画を立て、分かりやすく確実に説明し、『安心』と『信頼』の歯科医療を行います。お口の中の状態は、一人ひとり違います。口の中全体の診査・診断をした上で、その方にとって一番必要な治療法をご提案し、ご同意を頂いてから治療を開始します。
歯科治療の方法は様々な選択肢があり、わかりにくい部分もあります。
当院では、治療方法や使用材料のメリット、デメリットを正しくご理解頂けるように様々なツールを使い充分にご説明させて頂きます。

コンセプト

川越歯科医院コンセプト 歯全而寿 はまったくしていのちながし

「歯全而寿」は「ハ マッタクシテ イノチナガシ」と読み、歯が完全に機能することが長寿のために必要であることを意味します。つまり、歯を中心とした口腔、顎、顔面等が好ましい状態にあることが、長丁場の健やかな人生に大切な役割を演じているというわけです。
この書は私の恩師であり元東京歯科大学学長の関根 弘先生より頂いたものですが、当院では全員がこの言葉の意味を深く受け止め、皆様の健康長寿にお役に立てるよう、日々の診療にあたっております。
お子様からご高齢の方まで、それぞれのライフステージに合わせた最良のアドバイスに耳を傾けて頂けると幸いです。

川越歯科医院 院長 川越元久

小さなお子様を持つお母さんを応援したい。

むし歯予防は、赤ちゃんがお腹の中にいるときから始まります。生涯健康なお口の状態を維持するため、特にむし歯予防の観点からは3歳までの環境が一生を左右すると言っても過言ではありません。当院では、むし歯と歯周病に縁の無い一生を過ごしていただくために、今後マタニティ歯科・小児歯科を充実させていきます。村上香織歯科医師が常勤となり、従来の歯ならび外来とともに担当いたします。
小さなお子様を持つお母さんを応援したい