医院からのお知らせ

10月臨時休診のお知らせ
10月5日(木)、19日(木)は臨時休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。
line
9月の臨時休診のお知らせ
9月2日(土)、7日(木)、14日(木)、28日(木)は臨時休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがご了承くださ・・・>>>続きを見る
line
8月臨時休診のお知らせ
8月3日(木)、10日(木)~16日(水)、24日(木)は臨時休診となります。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
line
7月臨時休診のお知らせ
7月6日(木)、13日(木)、20日(木)午後、27日(木)は臨時休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがご了承・・・>>>続きを見る
line
6月臨時休診のお知らせ
よろしくお願いいたします。6月1日(木)、7日(水)、15日(木)、22日(木)、26日(月)は臨時休診となります。ご迷・・・>>>続きを見る
line
5月臨時休診のお知らせ
5月は11日(木)、18日(木)、25日(木)が臨時休診となります。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。
line
4月の臨時休診のお知らせ
4月6日(木)、12日(水)、20日(木)は臨時休診となります。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。
line
3月の休診のお知らせ
3月4日(土)、9日(木)、16日(木)、30日(木)は臨時休診となります。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。
line
2月の臨時休診のお知らせ
2月2日(木)、13日(月)、23日(木)は臨時休診となります。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。
line
1月臨時休診のお知らせ
新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 さて、1月19日(木)、26日(木)は臨時休・・・>>>続きを見る
line

診療時間

生涯を通じた予防歯科の推進
子どもから大人まで、健康なお口の育成を通じて実りある人生を送っていただけるようお手伝いさせていただきます。
川越歯科医院診療時間
※会議等で不在の場合がありますので、電話でご確認ください。

院長からのご挨拶

川越歯科医院 院長 川越元久

川越歯科医院院長の川越元久と申します。当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 
この度は、1ヶ月にわたる改装のため休診しご迷惑をおかけしました。当院も昭和37年11月10日の開業以来、53年目に入りました。今までの診療室は平成2年に新築したものですが、それでも25年が経過しておりました。そのため、器材をはじめとするハード面が老朽化し、著しくご不自由をおかけして申し訳なく思っていたところでした。
今回の改装にあたって最も配慮したことは、バリアフリー化と院内で使用する水、そして感染予防対策全般を見直すということでした。詳しくはHPのコンテンツをご覧いただきたいのですが、現時点で世界最高水準のものを取りそろえることができたと自負しております。
また、川崎市は全国でも希有な子どもが増加している街です。当院の目標であります、「生涯を通じた予防歯科の推進」を具現化するにあたり、マタニティ歯科・小児歯科を充実させ、むし歯と歯周病のないお口の健康を増進し、健康寿命の延伸、健康格差の是正に取り組んでいく所存です。
今後ともより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

川越歯科医院 院長 川越元久

リニューアルオープンのご案内

1.バリアフリー化

バリアフリーイメージ

近年、車椅子で来院される方が増え可撤式スロープを使用していましたが、斜度が急で使い勝手が悪く、大変ご不便をおかけしておりました。また、玄関の扉が重く開閉に難があったこと、靴からスリッパに履き替える際には中途半端な段差に転倒される方もおり、診療室玄関には大きな問題を抱えておりました。今回の改装では、扉を自動ドアとし、緩やかなスロープを設計し、土足導入することにより、ご高齢者に優しい診療室を目指しました。また、新規診療台は診療台への昇降の際、安全で確実に移動できるものをご用意いたしました。

2.診療室で使用する「水」について

エピオスエコシステム

歯科の給水ユニットは、水系チューブの変質や血液逆流などが原因で発生する細菌や微生物に汚染されています。そこで、改装にあたって診療室で使用する「水」を見直すことにいたしました。
今回導入した「エピオスエコシステム」は、給水ユニット内、ユニット吐水の残留塩素濃度を正確に保ち、衛生的な歯科除菌水で連続殺菌治療を可能にした装置です。この装置で生成される水は、高い殺菌力をもつと同時に、安全であることが知られています。現時点で最も清潔な環境を確保できるようになりましたので、安心して診療をお受けください。

3.感染予防の徹底について

ジェットウォッシャー

以前より、当院では歯を削るタービン等、お口の中に入る器具はすべて滅菌処理しておりました。さらに高いレベルでの感染予防のため、各診療台に口腔外バキュームを設置し、様々な削りかすが飛散しないように対策しました。さらに、器具の洗浄・滅菌に関しては、ジェットウォッシャーとクラスBオートクレーブを導入し、世界最高水準を目指します。
また、改装期間中に院長以下全スタッフが神奈川県歯科医師会主催の「歯科医療の質向上・安全セミナー2015」を受講しました。その他、AED・酸素吸入器等も設置しておりますので、当院は歯科外来診療環境体制加算に関する施設基準が整いました。スタッフ一丸となって新たな気持ちで医療安全対策を実施し、日々の診療に取り組む事を誓います。

4.X線システムの変更

レントゲン

今までアナログX線写真を使用してきましたが、デジタルX線システムへと変更いたしました。これにより、被曝量が少なく、現像の時間も省け、常に鮮明な画像を得られるようになりました。また、歯科用CTも導入しましたので、今までインプラント手術前に外注していたようなケースでも、当院で撮影できるようになりました。また、親知らずの抜歯等の際はCTも保険適用となりますので、より安全な情報の下で処置を行えるようになります。

5.マタニティ歯科・小児歯科の充実

マタニティイメージ

むし歯予防は、赤ちゃんがお腹の中にいるときから始まります。生涯健康なお口の状態を維持するため、特にむし歯予防の観点からは3歳までの環境が一生を左右すると言っても過言ではありません。当院では、むし歯と歯周病に縁の無い一生を過ごしていただくために、今後マタニティ歯科・小児歯科を充実させていきます。村上香織歯科医師が常勤となり、従来の歯ならび外来とともに担当いたします。