リニューアルに際しまして、バリアフリー化、院内で使用する水、感染予防対策全般を見直し、女性ドクターも常勤になりました。

バリアフリー化

バリアフリーイメージ

近年、車椅子で来院される方が増え可撤式スロープを使用していましたが、斜度が急で使い勝手が悪く、大変ご不便をおかけしておりました。また、玄関の扉が重く開閉に難があったこと、靴からスリッパに履き替える際には中途半端な段差に転倒される方もおり、診療室玄関には大きな問題を抱えておりました。今回の改装では、扉を自動ドアとし、緩やかなスロープを設計し、土足導入することにより、ご高齢者に優しい診療室を目指しました。また、新規診療台は診療台への昇降の際、安全で確実に移動できるものをご用意いたしました。

バリアフリー
バリアフリー
バリアフリー

女性ドクター常勤の歯科医院

村上香織歯科医師

3月16日のリニューアルにつきまして村上香織歯科医師が常勤となり、従来の歯ならび外来とともに担当いたします。
 
きめ細やかな心配りができるのは女性ならではの強みです。また、女性の皆様・お子さんを持つ若いお母さん達にに安心して診療を受けていただけるようその他さまざま配慮していきます。
老若男女を問わず、おひとりおひとりのご事情・病状に応じて、ご相談しながら最適な精査・治療・アドバイスをさせていただきます。

歯科医師 村上 香織

診療室で使用する「水」へのこだわり

水イメージ

歯科の給水ユニットは、水系チューブの変質や血液逆流などが原因で発生する細菌や微生物に汚染されています。そこで、改装にあたって診療室で使用する「水」を見直すことにいたしました。
今回導入した「エピオスエコシステム」は、給水ユニット内、ユニット吐水の残留塩素濃度を正確に保ち、衛生的な歯科除菌水で連続殺菌治療を可能にした装置です。この装置で生成される水は、高い殺菌力をもつと同時に、安全であることが知られています。現時点で最も清潔な環境を確保できるようになりましたので、安心して診療をお受けください。

歯科治療水安全施設認定証
歯科治療水安全施設認定証

エピオスエコシステム

エピオスエコシステム

当院では院内感染の予防対策として、このエピオスエコシステムを導入し、ほとんど全てのウイルス、細菌を殺菌した水をコップ水から手洗い水まで使用しています。
また、エピオスウォーターは、不純物を限界まで取り除いた純度99.7%の「塩」と「超純水」を電気分解させた水です。口の中の細菌を除菌消毒して口臭の発生、プラークの形成を抑制し、歯周病やむし歯を予防します。薬品等は一切使用しておりませんので、安心してお使いいただけます。

エピオスエコシステム

感染予防を徹底しております

ジェットウォッシャー

以前より、当院では歯を削るタービン等、お口の中に入る器具はすべて滅菌処理しておりました。さらに高いレベルでの感染予防のため、各診療台に口腔外バキュームを設置し、様々な削りかすが飛散しないように対策しました。さらに、器具の洗浄・滅菌に関しては、ジェットウォッシャーとクラスBオートクレーブを導入し、世界最高水準を目指します。
また、改装期間中に院長以下全スタッフが神奈川県歯科医師会主催の「歯科医療の質向上・安全セミナー2015」を受講しました。その他、AED・酸素吸入器等も設置しておりますので、当院は歯科外来診療環境体制加算に関する施設基準が整いました。スタッフ一丸となって新たな気持ちで医療安全対策を実施し、日々の診療に取り組む事を誓います。

ジェットウォッシャー

ジェットウォッシャー

HEPAフィルターで濾過した清潔な空気を温風乾燥に使い、清潔ですっきりと乾燥した状態で滅菌できるようになりました。非常に高い洗浄効果が得られ、特にたんぱく質の汚れをしっかり洗浄し、感染のリスクを大幅に軽減します。
今までの手洗いに費やした洗浄時間が大幅に節約でき、診療時間を有効に利用できるようになりました。
また、外部だけでなくエアータービンやコントラアングルの内部まですっきり洗浄します。
下記の、クラスBオートクレーブ「リサ」との併用で理想的な洗浄/滅菌システムを構築出来ます。

ジェットウォッシャー

クラスBオートクレーブ「リサ」(滅菌器)

クラスBオートクレーブ「リサ」

小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準であらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができます。
今までの歯科で使用されている滅菌器よりもさらに厳しく、医科で使用されている大型滅菌器の規格に準じ、歯科で使用できるようコンパクトにした世界規準の滅菌器です。

クラスBオートクレーブ「リサ」